CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
OTHER BLOG
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
BLOGPEOPLE
OTHERS


U.S.A.


JAPAN









jojo便り Babyと猫たちとの日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
Santa Fe 旅行 2008 3日目 その1
JUGEMテーマ:日記・一般



昨日の 悪夢のような一日 を忘れ今日はサンタフェの旧市街やプラザ周辺を散策します。

プラザ中心に教会や美術館・ギャラリーなどたくさんの見所が徒歩できるのはとっても楽しいです。
特にプラザは小さな広場ですが、その構内にテントを張った露店がたくさんあり、
インディアンジュエリー、画像、オミヤゲ屋さんなどがあります。


プラザ内の野外露店のテントが並んでいます


そのプラザのすぐ近くにアメリカ最古のマリア像で知られるセントフランシス教会があります。
jojoたちが行った時にはミサが行われているので、(基本的に誰でも入れますが)
私たちはミサが終わってからの時間に戻ってくる事にしました。

現在の教会は1869年に改築されたもので、下地は元々あったアドビー建築の教会となっています。
教会内には大司教が埋葬されていて、聖母マリア像も置かれていました。
写真がないのが残念ですが、マリア像は何とも言えぬ優しいお顔でしたよ。


セントフランシス教会




教会続きで次はロレットチャペルという「奇跡の階段」で有名な教会です。


この小さなチャペル内にある360度を2回転している螺旋階段は、支柱が一本もありません。
これは不思議〜。
まるで「宙に浮かぶ階段」と言われているのが納得です。


これが現在まで残っている「奇跡の階段」



修道女達がはしごを使って2階の聖歌隊席に登らなければならなかった当時。
伝説によれば、修道女達は聖ヨセフ(聖母マリアの夫。大工の腕を持つ)に9日間の
祈りを捧げ、その9日目に白髪の男が現れこの階段が作られたと言われています。
しかし、完成するとその男の姿は見えなくなり、実際のところ、いかなる技術を持って
誰がこのような螺旋階段を作ったのかは今でも謎なのだそうです。。。




当時の螺旋階段。 手すりがまだ付けられていません。
あぶないよーっ。こわいよーーーっ(>_<)!!


2階の聖歌隊席。

2階のステンドグラスがすごく綺麗・・・・でした。


現在この教会は私有になり、挙式用に一般利用することができます。
この階段に登れるのはここでチャペルをあげるカップルだけ。。。なのですね。(´ー`)



そこから少し離れたところにアメリカ最古の家があります。


12世紀のはじめに、ここの地域を支配していたプエブロ・オブ・アナルコによって
建てられたアドビ建築の最古の家です。
現在はオフィスとして使われているようですが、一部はそのまま残されていています。
ドアの入り口が小さいのは昔の基準がこれくらいなんですねぇ。



となりにあるオフィスの入り口。
昔と今の感覚を上手に取り入れてとってもお洒落です。



こんなふうに普通のショップや建物がアドビ建築を多く取り入れているので
どこを歩いても異国な感じを思わせてくれます。
ちょっとした何気ない散策でもとっても楽しい!


街角にあったレストラン

2階のバルコニーには赤いトウガラシが飾られて(?)います。
このような景色があらゆるところで見られます。




次は美術館めぐりといよいよショッピングへ!
それはまた続きで♪





にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ ←こっちも恥ずかしながら再始動です。(´ω`。)
            どうぞまた、よろしくクリックしていただけたら嬉しいです(*´∀`*)
            見に来てくれてありがとう!!




みんなで作る365日猫友日めくりカレンダー

jojo家の2ニャンも参加してます〜〜♪
いろんなお宅のニャンちゃんたちの手作りカレンダーですよっ!



楽しみにしててねっ!






おまけ


こんなんもありましたっ。
辛そ〜〜〜っ!!!でも可愛いね(^^)
| Santa Fe, NW Trip | 06:49 | comments(0) |
Santa Fe 旅行 2008 2日目 続き
サンタフェ旅行 2日目

前回のいろいろなハプニング続きの2日目の日記の続きです〜。


さてさて、後ろ髪を思いっきり引かれる思いでタオスを後にしたjojo達は
次の目的地「チマヨ」へ向かいました。

チマヨは大きな観光スポットの町ではなく、とてものどかなところです。
サンタフェから北東に示し、タオスから南へ下った所にある、織物で有名な小さな町です。
「タオスへの道」と呼ばれるハイウェイ76号線沿いにあります。



ここにはサンワリオ・デ・チマヨと呼ばれる「奇跡の砂」で有名な小さな教会があります。
素朴だけどこの教会は200年の歴史があるとか。
年間30万人もの人々が訪れるこの教会には
「痛いところや病のところにつけると病気や怪我が治る」と信じられている教会の庭で
とれる砂が礼拝堂の隣の小さな部屋にあります。
部屋の底に穴があいており、その砂を触ったりもって行く人達がたくさん居ます。

     
       とても可愛らしい素朴な教会 Santuario de Chimayo


毎年復活祭の週末になると数万人に及ぶ巡礼者たちが集まるそうです。
中には、アルバカーキあたりから十字架を背負って歩いてやってくる信仰深い人がいるようです。
そして持ってきた十字架を教会の庭にかけたり、置いていきます。
名前やメッセージの入った木彫りの十字架が庭のフェンスに立てかけてありました。


       
          入り口の看板です

部屋には、今まで病気の為に使っていた松葉杖や家族の写真などが置かれています。
あくまでも観光地ではなく教会なので、礼拝堂では静かに。
もちろん礼拝堂は写真撮影禁止。
帽子やサングラスはきちんと取って入ります。



     
        教会をスケッチしているご夫婦がいらっしゃいました


jojo夫婦も神聖な気持ちでそのお部屋に入らせてもらいお砂を触ってきました。
特にオットのRyuさん。万年腰痛の腰は丁寧にね・・・・(´`)




・・・・とココまで書いてなにもハプニングなんて無いじゃない?なんて思いきや
実はここに来るまでに大きな事件があったりするのです( ̄□ ̄)!!!


この町を訪れるにあたり楽しみにしていたのはこの教会だけではありません。
ガイドブックにも必ずお勧めされてあるという地元でも人気のレストラン。
なんでもニューメキシコでも最も古いレストランだという「ランチョ・デ・チマヨ」
伝統的なニューメキシコ料理で知られているということで楽しみにしていたのですが。。。


「当分の間、クローズさせていただきます」の看板がっ!!!!!



がーーーーーーーーっんil||li _| ̄|○ il||l
悪夢再び??
なにかの呪いかっ!?


なんでも火事でお店が燃えてしまったとか・・・・
ココでのランチを楽しみにしていたjojoたちのお腹はマックスです。
おろ〜〜(T_T)

ショックを受けて今にも泣き出しそうなjojoを尻目に、運転席のRyuさんは大笑い。
「ここまで続くと面白すぎるっ!!」と言ってjojoを励ましてくれました・・・。
ありがとう。くすん。



しかし今回の旅はホントいろんな事が起こるなぁ・・・。
今までいろんな旅行をしましたが、なんとなーく何事も問題なくやってきたので
こんな面白い事も起きるもんなんだっと前向きに思うことにしました。
せっかく楽しい旅先でいつまでも愚痴ったりするのもナンセンスだもんねっ(−−)
それに一生忘れられない思い出になったわよ・・・・・f^_^;)

そんな事もあり、腹が減ったjojoたちは早々にチマヨの町を抜け
途中のふらっと入ったメキシカンレストランで思わぬ美味しい料理を無事に頂きました。
あまりに飢えていたので、すっかり写真を撮る暇も無く画像がありませんが。(汗)




なんだかんだあり、サンタフェに戻ってきたjojoたちはまだ時間も早いので
プラザ内をぶらぶらすることに。
昨日は見れなかったインディアンの方々の露店がまた並んでました♪

       

ちょっとばかり覗くつもりがいつの間にか2人とも必死になって見てしまいました。(´∀`;
気に入ったブレスレットが見つかったのですが、お揃いのをもう一つ欲しいなぁと
悩んでいると、 「今は手元に無いけれど、作ってあるので明日持ってくるよ」 とのこと!!
嘘かホントか…とりあえずその店の方のビジネスカードとお顔をしかり覚えてホテルへ帰りました。

3日目の明日はサンタフェ内の見所めぐりと美術館めぐり。
プラザを思う存分ショッピング三昧ですーー。
| Santa Fe, NW Trip | 23:59 | comments(0) |
Santa Fe 旅行 2008 2日目
サンタフェ旅行 2日目

今日は6時半には起床!早起きです。
朝食を食べてホテルを8時には出る予定。

ここサンタフェの町から1時間くらいまでドライブ。
ネイティブアメリカン(インディアン)のプエブロを回ります。
今日はずっと車で移動ですが、歩き回ることがあるのでお腹と腰のサポーターも準備。
滑ったり転んだりしないようにスニーカーでjojoも準備万端です。

さてさて、その前に昨日の夜からルームサービスのメニューを楽しみにしていたjojo。
今日の朝食は待ちに待ったお部屋でのルームサービスです。
なんか優雅〜〜!
部屋からでなくていいのがラクチンです。くせになりそう・・・・(^^)
こんな感じでセットしてくれます。


jojoはベルギーワッフルと別皿でフレッシュベリーのフルーツ盛りを。


ふわふわベルギーワッフルちゃん。

オットのRyuさんはフルーツとハニーヨーグルトのセットとベーグルをオーダーしました。


Ryuさんのオーダーしたフルーツとヨーグルト。


そして2人で飲み物は絞りたてのオレンジジュースとカプチーノにしました。
しばらくしてサーバーがお部屋に食事を運んでくれます♪
なんかいいなぁ。

その間に支度もできるし、時間を余裕に使えるのが便利だなあとjojoは思ったのですが
オットのRyuさんはどちらかというと、部屋を出て、場所を変えて食べる方が
気分的に好きなようでした。
人によって価値観や感じるものって違うんだぁ〜(笑)
面白いなぁ(´▽`)
お料理はまぁ朝食ですから・・・そんな特別に絶賛するものを注文していないので
まずまず満足といったところです。
明日は下のレストランでオムレツを出来立てを食べてみよう。





さてホテルを出発し、向かうは「タオス・プエブロ(Taos Pueblo)」
ネイティブアメリカンのプエブロ部族の1000年以上の歴史をもつ生きた遺跡。
アドビ様式の建物や現在でも住居地として使用されているマンション(複数階の団地)は
世界遺産に登録されています。
現在は150人ほどがその村で生活しているようです。


世界遺産となっているタオス・プエブロ・マンション



さてそこまで行くのにはサンタフェの町から1時間ほど北上します。
お天気模様が不安定なので、朝早くに出かけ太陽が出ている青空のうちに出かけます!



向かうのはあの山脈です!
地図も持ったし、カメラも用意万端。
ドライブにはかかせないjojoのスナック(飴だの、ガムだの。。。。子供かっ!)も
もちろんバッグに詰め込みまして出発です。



ニューメキシコの風景は赤土の山や、アドビ様式の家がそこらにあります。
観光地という作り物ではなくて、普段普通に暮らしている家がこの土地の風景と
マッチしていてとても美しいです。
乾燥している土地柄、風も強いのか大地が削られた自然な岩もありました。





山に入りかけたところで、どんどん緑が多くなっていきます。
川が道沿いに流れているのでそのおかげでしょう。
さきほどの赤土の風景とは全く違う世界になりました。


ずっと一緒に走っていたハーレーのバイカー夫婦♪とその景色。

なんだか日本みたいだなぁ。
テキサスの広いまっすぐなハイウェイや数マイル何もない牧場に見慣れてしまっていたので
jojoもオットのRyuさんも大興奮!
まるで日本の山地をドライブしているかのようで感激でした。





ちょっと降りて記念撮影です・・・(^^)




さてさてこんなにのどかにシアワセな時間を過ごしていたドライブですが。
またもや考えられないハプニングがjojo夫婦を襲いました。

それは・・・・



 タオスプエブロ 本日閉鎖! 




はい?(−−)
ありえないでしょ?
うそでしょ?

なんのためにココまで来たんでしょうか?

このニュースを聞いたのはプエブロに行く手前の観光局によって地図をもらった時でした。
「プエブロは今日から3日間閉鎖なの。(観光客は入れないということ)」という
親切なインフォメーションのお姉さんが教えてくれました。
でもここのビジターセンターにも人がたくさん居るし・・・どうみてもタオスに向かう
車で道路も埋まってるし(涙)

頭上にタライが落ちてきたかのようにショックを受けるjojoを見て
オットのRyuさんはとりあえず近くまで行ってみようと行ってくれました。
タオスプエブロ内には入れないとしても、近くのプラザ内のお店やギャラリーは
やっているとことのことなので、力の抜けたふらふらな体で向かうことに(T_T)

インフォメーションセンターで言われたように、プエブロに繋がる道は
ポリスが車を止めていて、住人やそのほかの関係者以外進入禁止になっていました。
私達のように知らずにきた観光客がUターンして戻ってきています。

仕方がなくjojoたちはプラザ内に車を止めてお散歩することにしました。
ここもいろんなアーティスト・芸術家がギャラリーを開いていたり
ホテルも多いのでカフェやお店がたくさんあります。
インディアンジュエリーやプエブロを描いた絵画。置物や洋服までさまざま。

プラザ辺りで1時間ほど散策をし、早めに次の目的地に移る事にしました。
次の目的地は「チマヨ」
ここから40分〜50分ほど南下します。
jojoたちはその近辺で美味しいと評判のレストランでランチをしようということに
なりました。
後ろ髪を引かれる思いでタオスを後にします。
絶対、リベンジに来てやる〜〜〜(>_<)!!!!!



さてさて。。。
そんな決意を胸に刻みjojoたちは次の目的地へ向かうわけですが
ハプニングはこれだけではなかったです。

つづく



| Santa Fe, NW Trip | 22:24 | comments(0) |
Santa Fe 旅行 2008 1日目
JUGEMテーマ:日記・一般


2008年8月29日〜9月1日までの3泊4日のサンタフェへの旅行。

ちょうどハリケーングスタフがメキシコ湾に上陸??のニュースを心配しつつ
妊娠7ヶ月目に入るjojoは、夫婦水入らずの最後(・・・にはならないにしろ当分はない)を満喫しないわけにはいかなかったので(笑)旅行を決行することに。

幸い、ハリケーン上陸?の予報はテキサスには早くてもjojoたちが旅行から帰ってくる
9月1日以降・・・ということだし。
目的地のニューメキシコ州のサンタフェは快晴という予報はないにしろ
お天気のようだから、この連休を逃すわけにはいかないっ(´△`)

猫達はいつものご近所ねこ友達のTamaさん宅に預けることにしました。
ヤマトもリンも、タイガーやDJとは結構仲が良いし、馴れてるし。
でも我家で迎えるのではなくて、自分達が彼らの住処に行くのは初めてなので
ちょっと興奮気味。
着いて早々にシャーッと雄たけびを挙げたのはボス気質のヤマト。
やっぱりアウェイは苦手か・・・(笑)
まだまだ子猫気分の無邪気なタイガーとDJはあいかわらず元気に走り回っているのにな。
Tamaさん宅にご迷惑かけないようにいい子にしててねm(_ _)m


さて、お腹が大きいので荷物も最小限に。。。と思いつつもやはりこれもあれも
必要かも・・・と荷物は預け荷物のスーツケース(中)と手持ちのバッグ2個。
セキュリティを終えてアルバカーキに降り立った時は快晴!!
予報では明日からお天気がくずれちゃうんだよな。。。(*TーT*)

レンタカーを借りて、アルバカーキからサンタフェまで約1時間のドライブ。
途中ハイウェイ沿いで事故があったのか、ノロノロ運転の渋滞につかまったり
一部局所的なサンダーストームを抜けて無事サンタフェに到着。


アルバカーキからサンタフェに向かいます〜。

アルバカーキからまた北上しただけあって、寒い!!
やばい・・・・。ニューメキシコのお天気なめてたっ(>_<)
Ryuさんはパーカージャケットを持ってきていたけど、jojoはカーディガンと
ストールくらいしか持ってきていなかったのでした。がーーーんil||li _| ̄|○ il||l
そしてハプニングはこれだけではなかったりして。


hotel
今回宿泊したホテル ELDOLADO

通された部屋はスタンダードのツインのお部屋。
jojoはなんの疑いもなく喜んで入ったのだけど、Ryuさんの様子がへん??
どうやら予約していたはずのグレードの部屋と全く違うらしい。
念のためプリントアウトしてきたコンフォメーションを確認するとやはり
jojoたちがリザーブした部屋のレベルではなかったのです!!

in the room
充分可愛いお部屋だったけどね・・・(笑) 狭かったかな。

早速ホテル側に確認すると、jojoたちの予約がされてなかっただって!
はぁぁ〜〜〜????
こっちにはちゃんとプリントアウトしたコンフォメーションがあるんだじょっ!(`△´)
・・・とオットのRyuさんの抗議もむなしく、今現在でアップグレードできる部屋が
空いてないとこのこと。
宿泊中に使える朝食サービス券なるものを渡され、悲しい顔をしながら
部屋にもどってきた夫のRyuさん。

「どうする?もう一度クレームつけてみる??」

というRyuさんの問いにjojoも賛成〜〜!
もう一度クレームをつける前にまず作戦会議。
2人でもう一度オフィスカウンターへ行き、Ryuさんが「妻が納得していない」と
申し立て、隣でjojoは英語は話さないで、とにかく日本語で文句を言う(笑)
それでも根は小心者のjojo夫婦。
カウンターに行くまではドキドキ・・・(**)



さていざカウンターに行くと、先ほどとは違う男の人の受付が対応。
事情を説明し、納得できないので(部屋がないのなら)どうにかもっとサービスを!
的な事を説明すると、ちょうど数分前にキャンセルが入った
ジュニアスイートの部屋があるとのこと。
その部屋で良かったら見せましょう。というので一緒に行く事に。

なるほど、スタンダードの部屋とは広さもちがうし、ここなら快適そう。
(・・・ってかもともとこの部屋のグレードを予約しているし)
さっき渡されたサービス券もそのまま貰い、この部屋に移動する事に。

もしあのまま引き下がっていたらこの部屋の存在も知らずに過ごしていたの??
数分前のキャンセルが本当かどうかはしらないけれど、やっぱり婦に落ちない事は
きちんと諦めずクレームつけるべきだと実感しました。
朝食券はフルサービスで、ルームサービスにも使えるみたい。
普段ルームサービスなんて普通の値段よりも高く、サービス料も別途に取られてばかり。
ここぞとばかりに頼んで食ってやる〜〜〜(>_<)!!!!


そんなハプニングを終えて、サンタフェのダウンタウン内を散策する事に。
ホテルの立地は最高で、歩いてもプラザ内(ショッピング街)へ行けるのでラクチン♪
夕方5時を過ぎていたので、ネイティブインディアンの方々の露店は店じまいだけど
いろんなインディアンショップやジュエリーショップ。サンタフェのオミヤゲ屋などを
ちょこちょこと見て周りとっても楽しかったです。


こんな可愛らしい置物でもきっと意味があるのだろうな。子沢山・・・・(笑)

今日のディナーはホテル近くのビルの路地裏にあるフレンチレストラン。
こんな所に???という感じのレストランだったけれど、アウトサイドにテーブルを
並べてお食事しているほかのお客さんたちの雰囲気も良かったので決めました。
お店に入ってショーケースの中のスィーツを見ても即決(笑)





jojoはそんなにお腹が空いてなかったので
アペタイザーでDuckのLiverペースト添えのサラダとオニオンフレンチスープを。
オットのRyuさんはシーフードスペシャルというものをオーダー。


オニオンスープ


Duck Liverのアペタイザ

フランスパンもすごく美味しくて、Liverとすごく合いました。
親切にお代わりも持ってきてくれたよ♪

Ryuさんのスペシャル料理はパイに包まれたシーフードシチューみたいな
ものだったけれど、これが絶品のお味でした!!!
むぅ〜〜〜!!!!久々にこんなシンプルで満足な上品な料理を味わったっ!!(´▽`)

夜の7時を過ぎると、あたりも少しづつ暗くなり、テーブルの直ぐ側では
アコーディオンを弾く人が雰囲気を盛り上げてくれてました。
少し外で食べるのには寒くなってきたので(jojoはアルコール飲んでないし・・・)
食後のデザートのスィーツはTO GOでお部屋に持って買えることにしました。

jojoはティラミス。Ryuさんはチョコとチェリーブランデーの入ったケーキ。
どちらも濃厚な味だったけど、クリームが甘すぎずすごく美味しかったです!
ご馳走様〜〜♪♪


ショーケース内のデザートたち。




明日は早起きしてネイティブインディアンのプエブロまでドライブです。
早速、明日の朝からルームサービスしてやるのだっ。
むひひ










| Santa Fe, NW Trip | 00:10 | comments(0) |
    1/1