CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
OTHER BLOG
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
BLOGPEOPLE
OTHERS


U.S.A.


JAPAN









jojo便り Babyと猫たちとの日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
日本滞在記 お土産編 PART2
もうそろそろ飽きてきて、早めに終わらそう・・・と嫌気がさしている
jojoでお送りします。日本滞在記 お土産編 後半。

旅行最後の空港で、なにか買い忘れたものはないかと買い物に走りたくなりません?
それで結構それが一番気に入ったものだったりとか、愛用してたりとか。
お菓子が美味しかった・・・とか。

今、成田空港が大変なことになってます。
「海外に行く前に海外のブランド品買っちゃう?」 くらいの勢いのものすごいショップの数。
もう3時間前に行くのが面倒〜・・・・の時代は終わったのね。
そんな感じで軽く時間つぶしに遊べます。
jojoはブランド品、まったく(でもないけど)興味がないのでスルーしてきました。
でも成田でどうしても欲しいものがあったのですよ!
探しに探して、聞きまくって手に入れました。
それはコレ。↓


空港で離陸間際に手に入れた「白い恋人 限定品」

北海道なんて行ってないのに?(笑)
なんやら【30周年記念】とかで缶が 猫模様 なんです。
どうして白い恋人に猫柄なのかは知りません。
でもいいの・・・・猫すきだから。
白い恋人も好きだから。
ちなみに青い缶はホワイトチョコではなくて普通のミルクチョコです。
夫Ryuは「黒い恋人」と言っています。(さぶ〜・・・・)

実はこれ。
仙台の悪友、猫好きのデカイめぐっちに

 「こんなのが空港で売ってたわ」

と見せ付けられたものなんです(笑)。
人って「人のものは欲しくなる」のでしょうかね?
またもや、買う予定すら全くなかったくせに、空港では探しまくって買いましたよ。
だって限定品って聞いちゃったしぃ〜(−−)
今買うと「おまけ」 もついてくるっって言うんだから買わなくちゃ。
そのおまけがなんともいいっ!
くだらくて可愛いっ♪ 何に使うのか分からないけどなんだか可愛い〜 Ψ( ̄∀ ̄)Ψ

・・・・ということで30も過ぎてる大の大人が喜びを控えめにしながら
GETしたものとは。コレです。



使い方  
   1. しっぽをひくとブルブル揺れながら戻っていく。
   2. 顔部分を押すと「ニャー」と鳴く。

こんな感じのおもちゃです。
おもに猫用として活用してますよ。
特にりんちゃんの前で遊ぶと怒ります。
なにかが気に入らないご様子。 顔から一発「ガブリ」です。


ごめんなさい。。。。。黒猫ちゃんm(_ _)mスマン


  
 
   



| JAPAN Trip | 23:22 | comments(6) |
日本滞在記 お土産編 PART1
日本に一時帰国したのは2週間前・・・だなんて信じられない。
時が経つのは早いもんだなぁ〜。
なんて思っているうちに日本での記憶が薄れつつあるjojoでお送りします
日本滞在記 お土産編です。


日本に行く前にはあれこれ考えていたはずなのに、いざ、日本へ着くと
欲しいものがどんどん溢れてきて何を買ってよいかわからなくなっていた・・・
というのが正直なところでしょうか。
お店に入るとコーフン状態になり、どれもこれもと手をつけてしまう。
アブナイ状況です。


お姉さん、おねえさん!値札をちゃんと確認してくださいね(笑)

買い物リストは一応、前もって作っていったので、それを目安にGET!
最低必要なものは一通り買ってきたのですが。
恐ろしいのが衝動買い。その場の勢いに飲まれ

「欲しい!絶対欲しい!!今買わなければ絶対後悔する!!」

と自分を追い込めてしまうのでしょうか。
スーツケースのスペースを無駄に埋めて潜んでいたもの。それは・・・・・




結構な量です。大きいです。何グラムくらいあるんでしょうか・・・。
築地でかつおぶしの香りに吸い込まれるかのように入ったお店で買った
かつおぶし。しかも削りたてっ!!
その場でおじさんに頼んで圧縮密封してもらったもの。

しかも・・・・・


業務用って(笑)

いや、後悔はないんです。すごくいい香りだったし、美味しそうだし。
カツオ節ってこっちで買うと結構割高だし。

でもなんでカツオ節だったのかなぁ・・・・なんて。
| JAPAN Trip | 10:52 | comments(2) |
お友達ねこ ふくちゃん


今回の日本一時帰国でjojoは実家のある仙台に2日ほど帰りました。
ひとりで。
ちなみに夫のRyuは私の姉家族、姪っ子や甥っ子などと5年ほど会ってません。
それなのに姪っ子達はまだ小さかったのに、よく覚えていて(顔は忘れてるかも・・・)
「Ryuくんは?Ryuくん居ないの?」と必ず聞かれます。
ある意味、jojoよりも楽しみにしてたの?そんなぁ〜(´△`)
オバチャン、悲しい。くすん・・・・

さて余談はさておき、このまんまるお顔のふくちゃん。
時間の無い仙台滞在スケジュールにも会う約束を組み込まれていたという
VIPネコでございます。
実はこのねこちゃん、jojoの悪友(しかもデカイ)「めぐっち」という友達の住んでいる
マンションによく来るという名づけてマンションネコちゃん。
大家さんはじめ、住人の皆さんでお世話をしてくださっているそうです。
特定する飼い主さんは居ないものの、めぐっち家は1階なのでよく遊びにくるそうで
この日もjojoに会いに来てくれました♪

シアワセそうねぇ。ふくちゃん。


呼ぶと人懐こく、すぐ側に寄ってきました(^^)
庭先のパテオとリビングの縁側の場所限定で入れてあげるそうです。
仙台は春先でもまだまだ寒い時期。
私が行った日も急に寒くなり、5度前後にまで下がった夜でした。

噂の(?)ふくちゃんと会えてjojoの心も癒されました。
これからも優しい住人さん達と共に末永く幸せになってね。



| JAPAN Trip | 01:21 | comments(2) |
日本滞在記 ホテル編
東京滞在記 ホテル宿泊編
題して  「朝食は築地で」

日本に着いて成田エクスプレスで都内に移り、夫Ryuの実家へ直行。
そして休む暇もなく、次の日から数日間都内のホテル住まいです。
夫Ryuの会社やビザ申請の準備や打ち合わせなどもあるために会社がホテルを
用意してくれました。
場所は東京駅の目の前!
わーい。電車音痴な私でも、東京駅からならどこでもいけるわいっ!むふふ( ̄ー ̄)

jojoはホテルが結構好き。
いつも帰ってくるたびに綺麗なベッドメーキングと新しいバスタオル。
狭い空間に全部ひとつにまとまってるあの独自の雰囲気がたまらない〜。
家とは全くちがう感覚が面白くてたまらないのです。
東京駅目の前とあってか、ビジネスマン風のいろんな国の方々と会いました。
あちらこちらで英語やら違う言葉が聞こえてなんだかヘンな感じ。

そして嬉しい事にここのホテルは私が帰国後、一番に行きたかった「築地」に近い事です。
うひーー!新鮮な生魚が食べれるぅぅぅぅ〜っ!v(≧∀≦)v うれしぃぃぃーーー。

疲れている体にむちを打ちながら、朝5半に起床。
6時には築地に着いてました。
さて、生まれて初めての築地社会見学。(^^)
朝早くから競りが終わって小さなカートに魚を乗せて走る
おじさん&おにいさんがたくさん居ます。
その邪魔にならないように気をつけて歩き、なるべくお仕事の邪魔にならないように・・・。
場外、場内という言葉も初めて聞きましたが
場外はお土産屋もありとにかくココでは何でも揃う!という商店街。
普通にお食事処もあったりするし、毎日ここで新鮮なものが買えたらなぁ・・・なんて。
これが築地かぁ・・・と感激でした。

ホテル滞在中はほぼ毎日築地に行きました。
オットは大のウニ好きなのでもちろん彼はうに丼。朝からうに&いくら丼。 
なにが美味いって、それについてくるお汁が美味しい!
あさりやしじみやふのり。店によって違うお味噌汁が たまりませんでした〜(>_<)

残念なのがその素晴らしく美味しい丼物をお見せできないこと。
よく食べる前に写真を撮っている方々いますよね?
小心者の私は「撮ってもよろしいですか?」の声も掛けれず もくもく食べてしまいました。
くうううーーーー、無念。
ただし、お店によっては店外店内限らず撮影禁止の場所も ちらほら。
朝から物凄い行列になっているお店の周りは雰囲気がぴりぴりしてました。
場内では人気のお店が既に2重の列に。
どうして同じ築地内でこんなに差がでるのだろう。どんなにか美味しいのでしょうね。
jojo夫婦は「生魚」に飢えているため(笑)さほどの味の差は問題にはしません。
Harlingenのすし屋に比べたら・・・
ここは天国じゃぁぁぁあーーーー(T□T)!!

日本ならではの築地。
行ってよかったと本当に思いました。
朝からあんなに働いて、そうやって美味しい新鮮なお魚達が運ばれてゆくのだと思うと
感激一入です。
やっぱり日本の食文化、最高!バンザーイ!!






| JAPAN Trip | 15:40 | comments(2) |
日本滞在記 機内編
日本滞在記 機内編
題して  「機内の人々」   

ダラス空港から日本までは直行便で約12〜13時間の飛行時間。
もうすっかり慣れっこですが、やっぱり最後の3、4時間がものすごく長く感じます。
足もぱんぱん。
これがファースト・ビジネスクラスだったらどんなにか楽か。
世の中のお金持ちの方々は普通に乗れるんだろうなぁ・・・・いいなぁ。

さてさて、今回はDS−Liteもi−Pod も持参していたので
機内での退屈さはありませんでした。
ただ、ちょっと居心地の悪い所に座っちゃったかな?という感じです。
今回の席は一週間前という直前でのチケットを購入したので機内後方の後ろの席。
そこまではまだ良かったのですが、いろいろと問題のあった席でもありました。

まずは、後ろの老夫婦。
席が気に入らないらしく奥様が旦那様に向かって怒鳴っていました。
隣の人が嫌だとか。
フライトアテンデントさんたちが後ろでうるさくて眠れないとか。
私たちの方までまる聞こえ・・・。
お父さんのせいじゃない気がするぞ。
お父さんが可哀想だぞ。


そして前の席のおねえちゃん。
いきなり前方からつーーーんとした匂いが漂ってきました。
飛行機の中でマニュキュアを塗ったらいけないぞ!
シンナーくさくて気持ち悪いぞ。
キャミワンピ一枚で寒そうだぞ。
毛布かけてるなら何か着た方がいいぞ ←余計なお世話。

フライトアテンデントさんは最後まで私達に英語で話しかけてきたデス。
貴方、日本語話せるじゃないですかっ!
私達、日本語話してるじゃないですかーーーーっ。
悔しいから最後まで英語で通した。ヘンな意地を持つjojo夫婦。
何処に行っても日本人に見られない私達(−−)
なぜに??

おやつのパンは凍ってカッチカチになってるわ、最後に出た
炊き込みご飯はおかゆがつぶれたようになっちゃってるし(笑)
でも食らべれる私達って・・・・_| ̄|○ il||li
そうとう醤油の香りのする日本食に飢えている様子 f^_^;)

日本に到着しましたら、吹雪ではなく雹が降ってまいりましたわよ?
なに?
なんて歓迎の仕方なんでしょう。
嬉しくて涙がでました。
ありがとう、日本。

テキサスの温かさでなまった体を冷やしてくれるのね?
寒い日本、ありがとう。(T_T)


こんな感じで私達の日本滞在が始まります。

| JAPAN Trip | 22:00 | comments(0) |
日本滞在日記 出発編
日本滞在日記 出発編
題して「久々の再会」
10時間ドライブを経て、やっと着いた到着地。
それはお友達の ちーちゃん夫婦の家でした♪
ヤマトとリン。待ちに待ったお友達と御対面です♪

彼女とはネットでの出会い。
ヤマトを初めて保護した時にもまだ一度も顔を会わせていない同士でのやり取り。
それでもとても親切に優しくいろいろ教えてくれた彼女。
私達がまだアメリカに来て間もなく、アダプトの許可を取れないときにも
相談に乗ってくれ、アニマルシェルターにも電話してくれたりしてようやく
ヤマトがうちの子になれたのです。
ヤマトの恩人です☆


ココはお前の家かっ!?と突っ込みたくなるくらい余裕な態度をとるリンちゃん。

10時間のドライブは猫たちにもきつかったはず。
でもお友達の家は初めてではないので、さほど緊張した様子はなく元気一杯。
ベットの上に上がったり、jojo家とは違う窓辺からの外の景色を覗いたり。
普段使っているネコトイレや食器、餌、ネコベッド、爪とぎ。
ほとんどなんらウチとは変わらないものを持ってきました。
新しい環境について間もなく、私達2人が居なくなる事に不安がらなうようにとの配慮。

旦那様のチャー様は大柄の方なのでヤマトもリンもビックリした様子(笑)
なぜか彼だけに「うーうー」うなるヤマちゃん。
でもね、すっごくすっごく心の優しい方なんだよ?うならないでね!(T△T)


疲れて横になったオットに寄ってくるヤマト。優しいのぅ・・・(´○`)

ココお友達宅には数匹のにゃんずがおりますが、今回初対面のネコちゃん
心優しいちーちゃん夫婦のお宅で新しい飼い主さんを待っている「チョコマ」


一番年下で新入りだというのにこの堂々たる態度!
すでに天下を執ってちーちゃん家のにゃんずに恐れられている模様。。。(笑)
まだまだちっちゃい体が子猫を感じさせますが、いやいや。君は凄い。
「子猫」だなんて思えません・・・・(−▽ー)

私達夫婦、この顔つきや行動に一気に心を奪われましたよ(^^;
彼はフォスター制度という飼い主さんが現れるまで世話をして引き取る制度の下に
ここのお家で元気に育ってます。
新しい2匹の新入りをどうぞよろしく・・・・・お願いしますm(_ _)m
とご挨拶してきました(笑)

明日はいよいよ日本に出発です。
飛行機、雪で飛ばない・・・とかないよね?
| JAPAN Trip | 04:10 | comments(3) |
日本滞在日記  出発編
日本滞在日記 出発編
題して「10時間ドライブ」
は?飛行時間の間違いじゃないの??とお思いの貴方。
ここアメリカ。ここテキサス。
このくらいでびびってちゃぁ、住めません(笑) ←うそ

なぜそのような事になったかというと、実はダラスのお友達のお家にヤマトとリンを
預けにいってきたのです。10時間も・・・。
これが出発前のちょっとした旅行を味わう事になりました。

飛行機は日曜日の朝、離陸予定。
金曜日の夕方、夫のRyuが仕事から帰ってきて人間&ネコ2匹の食事を済ませ
夜中の3時ごろに家を出ました。
夜中に家を出るってすごくわくわくします。
一気にjojoのボルテージ上がりっぱなし。 コーフン状態です。
予定では最初の3〜4時間は夫が運転するはずでしたが、jojoがそんな状態なので
運転を交代。
テキサスの360度地平線の真っ暗な道路を走り続けました。

朝になり、日が昇り・・・気が付けばjojoの家から6時間くらい北上した地域。
(それでもまだまだテキサス州内です)
私達の住む地域には見当たりませんが、AUSTINくらいからどんどん
フリーウェイ脇にブルーボネットが満開になっているエリアを見つける事が
できました。
今が一番旬な時期! 紫のブルーボネットが一面に広がり夢のような風景。
まるで絵本です。
走れば走るほどブルーボネットが広がりとても幻想的な景色でした・・・・・・が
そこにはなぜか
  吹雪!!

いくら私が雨オンナだからと言えども、
4月のこの花畑を目の前にして吹雪く事ないでしょう???
5年ぶりくらいに吹雪の中を運転しました・・・・_| ̄|○ il||li
目の前真っ白。道路の両端にはブルーボネットが満開。とっても綺麗。

おかしい。  ・・・・・(。。)

こんなこと毎年起こるわけではありません。
逆に貴重な体験かも。いやこんな幻想的な不思議な景色を見たことない!
これは先々縁起がいいぞーーーーーーー!
・・・・とポジティブに考える事に。

ええ。だって雨オンナだからしょうがないの。
晴れオトコのオットよ、頑張ってっ!!(`´)


そんなこんなで約10時間。
交代交代で運転を代わり、無事に着いたところは・・・・。
ヤマトとリンが感動の再会を果たします〜。
つづく


・・・・っていつ日本を出発するのでしょうかねぇ。f^_^;)

| JAPAN Trip | 10:52 | comments(0) |
自由奔放な猫・りん
うちには猫が2匹います。
最初にうちに来た猫は male cat のヤマト。
そして子猫のときにアダプトをした(もう子猫の面影がない!)femal catのリン。
彼女には兄弟が居ました。
残念ながら私達はリンだけをアダプトすることしかできなかったのですが
いつも思うことは、あのもう一匹の猫ちゃんを一緒に連れてきていたら・・・と。
ただ、ただ、いい家族にアダプトされたことを祈るばかり。

さて、jojo家にアダプトされたリンちゃんは実は夫のRyuの一目ぼれ。
確かに綺麗な顔つきの美人さんなのです。
そのくせ、やる事はまだまだ子供。丸い目をきょとんとさせて私達を虜にさせます(笑)
自由奔放、天真爛漫とでもいいましょうか。
遊んで疲れたから寝る。甘えたいから甘える。面倒だから知らん振りする!(−−)



内弁慶で人見知り。
ちょっと臆病で神経質なヤマトと正反対のリンはまるでおかまいなし。
ヤマトのお気に入りのベッドは横取りしても平気な顔をして寝ているし、
餌を勢いよくガツガツ食べたかと思えば、噛まずに食べて消化不良で吐く。
でも吐いた後は「すっきり♪」顔で再度の餌のおねだり・・・・・・_| ̄|○

ダイニングテーブルの脇下で、もの欲しいそうに眺めているヤマトを横目に
自分はちゃっかり、ちょこんと椅子に座って待っている。
まるで「それは私にくれたらいいと思います・・・」とでも言いたそうに。


こんなふうに自由に振舞えたら私の人生ももう少し変わっていたかと・・・思うほど(笑)
リンはうちでは目に入れても痛くない可愛い問題児なのです。 ←はいっ。親ばか〜

病気知らずで元気がとりえのリン。その元気が私達に笑顔を作らせてくれます。
ただ、あんまりヤマト兄猫を困らせないようにねっ・・・f^_^;)




| JAPAN Trip | 22:19 | comments(2) |
最初のねこ
うちには猫が2匹いる。
最初に一緒に住み始めた一匹の猫、ヤマトは現在推定6歳のちょっとおデブな男の子。
彼との出会いは2003年の朝、突然だった。
朝、夫と朝食を食べていたら突然ドアからノックされたような気がした。
まだアメリカに赴任してきて間もないので、知り合いもいなかった私達。
朝から「誰??」と思いながら主人にドアを開けてもらったその時!

「みゃーおーん」

と言いながら(鳴きながら)お腹をぷらぷら揺らし入ってくるネコ!!
それがヤマトだった。

jojo達夫婦は焦った。というよりすごく驚いてどうしていいかわからなかった。
jojoの住んでいたアパートでも何匹かの放し飼い猫や野良猫を見たことはあったけど
でもその入ってきた大きなお腹の猫ははじめて見た。jojoはその猫のお腹を見た。

そして思った。

この猫は捨てられたんだ!そして妊娠しているんだっ!!
この鳴き方はきっと出産場所を探しているに違いないっ!


そうしてjojoは夫が仕事に行って帰ってきてから、2人でアニマルセンターに行き保護をした。

ここでは、犬、猫を保護をしたらアニマルセンターに報告しなければならない。
勝手に引き取ったりしては法に反するのだ。
jojo達は大きめなバッグにその猫を入れて抱えてセンターに行った。



「この猫を保護しました。もしかしたら妊娠してるかも...どうしたらいいの?」

するとセンターの人はまず、預からせろという。
年齢や、性別、特徴、を調べてそれに一致する捜索届けが出ていないかを見るために。
その間、私達はセンターで待つことに・・・。
少しの間待たされて、センターの人が出てきた。そして私達にこう告げた。


「彼は男の子だったわ」

                 ・
                 ・
                 ・ 

     え?今、なんとおっしゃいましたか?



     男の子?   オトコ?




  オスだってぇぇ〜〜!?
 
 うふん♪

確かに今、考えると妊娠していたらもっとお腹が大きいだろうし
よくみるとオ○ン○ンだったらしきものがついてはいたのだが(既に去勢済みでしたの)
そんなもん、飼ってみないと解らないのだっ!


・・・ということで


お腹が大きかった       →   ただのデブちんだった 
   
出産準備の為に鳴いていた  →   ただ腹が減っていただけだった

ドアをノックした        →  ただ腹が減って暴れてドアを叩いたかも

ということだと、のちに気がつく。(ToT)



この写真は、「あんまり鳴くので「ご飯」をあげたら落ち着いて寝てしまった」の図。
今思えば、突然うちに入り込んで、こんなに安らかな寝顔もどうかも思う...。




それから何日間はそのセンターに保護され、ヤマトの特徴にあった猫の捜索願いが
出てないことを確認してからアダプトの申請を受けられることになった。

そしてようやくヤマトが我が家の正式な猫となったのです〜。


あれからもう4年...。



このネコくんは私達にいろいろな素敵な出会いを作ってくれたネコ。
私達夫婦をやさしく見守ってくれる。
名前を呼ぶと、まるで犬のように小走りに駆けてきて嬉しそうに鳴く。
彼のおかげでネコをもっと好きになることができたのかもしれない。


ね、ヤマト♪


| JAPAN Trip | 21:24 | comments(2) |
    1/1