CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
OTHER BLOG
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
BLOGPEOPLE
OTHERS


U.S.A.


JAPAN









jojo便り Babyと猫たちとの日々

<< Santa Fe 旅行 2008 1日目 | main | Santa Fe 旅行 2008 2日目 続き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
Santa Fe 旅行 2008 2日目
サンタフェ旅行 2日目

今日は6時半には起床!早起きです。
朝食を食べてホテルを8時には出る予定。

ここサンタフェの町から1時間くらいまでドライブ。
ネイティブアメリカン(インディアン)のプエブロを回ります。
今日はずっと車で移動ですが、歩き回ることがあるのでお腹と腰のサポーターも準備。
滑ったり転んだりしないようにスニーカーでjojoも準備万端です。

さてさて、その前に昨日の夜からルームサービスのメニューを楽しみにしていたjojo。
今日の朝食は待ちに待ったお部屋でのルームサービスです。
なんか優雅〜〜!
部屋からでなくていいのがラクチンです。くせになりそう・・・・(^^)
こんな感じでセットしてくれます。


jojoはベルギーワッフルと別皿でフレッシュベリーのフルーツ盛りを。


ふわふわベルギーワッフルちゃん。

オットのRyuさんはフルーツとハニーヨーグルトのセットとベーグルをオーダーしました。


Ryuさんのオーダーしたフルーツとヨーグルト。


そして2人で飲み物は絞りたてのオレンジジュースとカプチーノにしました。
しばらくしてサーバーがお部屋に食事を運んでくれます♪
なんかいいなぁ。

その間に支度もできるし、時間を余裕に使えるのが便利だなあとjojoは思ったのですが
オットのRyuさんはどちらかというと、部屋を出て、場所を変えて食べる方が
気分的に好きなようでした。
人によって価値観や感じるものって違うんだぁ〜(笑)
面白いなぁ(´▽`)
お料理はまぁ朝食ですから・・・そんな特別に絶賛するものを注文していないので
まずまず満足といったところです。
明日は下のレストランでオムレツを出来立てを食べてみよう。





さてホテルを出発し、向かうは「タオス・プエブロ(Taos Pueblo)」
ネイティブアメリカンのプエブロ部族の1000年以上の歴史をもつ生きた遺跡。
アドビ様式の建物や現在でも住居地として使用されているマンション(複数階の団地)は
世界遺産に登録されています。
現在は150人ほどがその村で生活しているようです。


世界遺産となっているタオス・プエブロ・マンション



さてそこまで行くのにはサンタフェの町から1時間ほど北上します。
お天気模様が不安定なので、朝早くに出かけ太陽が出ている青空のうちに出かけます!



向かうのはあの山脈です!
地図も持ったし、カメラも用意万端。
ドライブにはかかせないjojoのスナック(飴だの、ガムだの。。。。子供かっ!)も
もちろんバッグに詰め込みまして出発です。



ニューメキシコの風景は赤土の山や、アドビ様式の家がそこらにあります。
観光地という作り物ではなくて、普段普通に暮らしている家がこの土地の風景と
マッチしていてとても美しいです。
乾燥している土地柄、風も強いのか大地が削られた自然な岩もありました。





山に入りかけたところで、どんどん緑が多くなっていきます。
川が道沿いに流れているのでそのおかげでしょう。
さきほどの赤土の風景とは全く違う世界になりました。


ずっと一緒に走っていたハーレーのバイカー夫婦♪とその景色。

なんだか日本みたいだなぁ。
テキサスの広いまっすぐなハイウェイや数マイル何もない牧場に見慣れてしまっていたので
jojoもオットのRyuさんも大興奮!
まるで日本の山地をドライブしているかのようで感激でした。





ちょっと降りて記念撮影です・・・(^^)




さてさてこんなにのどかにシアワセな時間を過ごしていたドライブですが。
またもや考えられないハプニングがjojo夫婦を襲いました。

それは・・・・



 タオスプエブロ 本日閉鎖! 




はい?(−−)
ありえないでしょ?
うそでしょ?

なんのためにココまで来たんでしょうか?

このニュースを聞いたのはプエブロに行く手前の観光局によって地図をもらった時でした。
「プエブロは今日から3日間閉鎖なの。(観光客は入れないということ)」という
親切なインフォメーションのお姉さんが教えてくれました。
でもここのビジターセンターにも人がたくさん居るし・・・どうみてもタオスに向かう
車で道路も埋まってるし(涙)

頭上にタライが落ちてきたかのようにショックを受けるjojoを見て
オットのRyuさんはとりあえず近くまで行ってみようと行ってくれました。
タオスプエブロ内には入れないとしても、近くのプラザ内のお店やギャラリーは
やっているとことのことなので、力の抜けたふらふらな体で向かうことに(T_T)

インフォメーションセンターで言われたように、プエブロに繋がる道は
ポリスが車を止めていて、住人やそのほかの関係者以外進入禁止になっていました。
私達のように知らずにきた観光客がUターンして戻ってきています。

仕方がなくjojoたちはプラザ内に車を止めてお散歩することにしました。
ここもいろんなアーティスト・芸術家がギャラリーを開いていたり
ホテルも多いのでカフェやお店がたくさんあります。
インディアンジュエリーやプエブロを描いた絵画。置物や洋服までさまざま。

プラザ辺りで1時間ほど散策をし、早めに次の目的地に移る事にしました。
次の目的地は「チマヨ」
ここから40分〜50分ほど南下します。
jojoたちはその近辺で美味しいと評判のレストランでランチをしようということに
なりました。
後ろ髪を引かれる思いでタオスを後にします。
絶対、リベンジに来てやる〜〜〜(>_<)!!!!!



さてさて。。。
そんな決意を胸に刻みjojoたちは次の目的地へ向かうわけですが
ハプニングはこれだけではなかったです。

つづく



| Santa Fe, NW Trip | 22:24 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - |